こんにちはRちゃんです。
今回は泣いた後に目が腫れた時の対処法について
ご紹介していきます。
普通の目の浮腫、目の腫れにも同じようにしていたでけます。

二重手術をされてる方でも大丈夫ですが安定するまでは温冷療法が一番いいです

目の運動

一番簡単!目の周りの筋肉を動かして血行を促進する方法!

  1. 目を数秒つぶって開ける。この動作を3回~5回行う
  2. 眼球を上、右、下、左の時計回りで動かす。これも3~5セット行う
  3. 逆回りも行う

温冷療法

温冷療法で血流促進をして浮腫が軽減する方法

  1. タオルを電子レンジで30秒ほどチンして温め、蒸しタオルを作る
  2. 蒸しタオルを顔全体に当てて1~2分間放置。
  3. 顔全体を冷水で軽く流すように洗顔。
  4. 「蒸しタオル⇒冷水での洗顔」のセットを2~3回くり返す。
  5. 化粧水などで保湿

蒸しタオルを用意するのが面倒くさい方は
ホットアイマスクなどで代用できます。
※こちらに詳しくかいてます

CUTE EYES -二重整形の情報サイト-
二重整形(埋没)体験談など、二重整形に関する情報を発信していきます。

入浴

お風呂

湯船につかって血行をよくしましょう
10〜20分くらいを目安にゆっくり無理なく浸かりましょう。
入浴中、洗顔をする際は冷水を使うと温冷療法の役割を簡単にできます!
これなら毎日できますね◎

シャワーをあてて目を温めるのも効果的です。

炭酸水アイパック

  1. 冷蔵庫で冷やした炭酸水をたっぷりコットンに染み込ませる
    (この時使うコットンはシルコット1/2がおすすめです)
  2. まぶたの上に乗せて5分ほどパックする
  3. 化粧水、乳液を塗って保湿(普段しているスキンケアで大丈夫です)

二酸化炭素が多く溶け込んだこの炭酸水の気泡の中には、汚れを落としたり、毛穴を引き締めたり、温めたときと同様に血行を促進してくれる効果があります。
毛穴を引き締めてくれるので肌もキレイになって一石二鳥です

目のマッサージ

直接的に目の周りをマッサージして浮腫をとる方法
(二重手術をされてる方は縫い目をさければ大丈夫です、強く刺激しすぎはNG)
滑りが悪いと目に負担がかかってしまうので
スキンケア後にマッサージするのがベスト✨

眉頭

眉頭にある少し凹んだ部分を人差し指(自分がやりやすい指でokです)
で眉毛を押し上げるように上向きに押します。大体5秒位
自分が気持ちいいくらいの強さで5セット繰り返す。

 

金属のスプーン

スプーン

金属スプーンを冷やして簡単に腫れをおさえます。

  1. カレースプーンなど金属のスプーンを用意し、氷水などに入れて冷します
  2. スプーンの裏側にある山の部分をまぶたに当てる。
  3. 目頭から目尻に向けて15〜20秒ほどまぶたの上をすべらせる

 

泣いた日の寝方

寝かた

うつ伏せで寝てしまうと顔に負担がかかり血行が悪くなるので
できるだけ上を向いた状態の仰向けで寝ましょう。

まくらは寝た時に並行のものを選ぶと◎
まくらが低いと頭の上部に水分が流れやすくなり顔や目が浮腫む原因になります
泣いた日以外もまくらは並行のものを使うと浮腫みにくくなります。

まとめ

泣いてしまった場合は、目が腫れる前に、できるだけ早めに対処が必要です。

日常でも、目をこすることはNG
ハンカチ・タオルなどで、目を軽く押さえるようにしましょう。

今回あげた方法は寝起きや、目が疲れているときにも効果的です。
目元がスッキリするだけで周りからの印象もよくなりますよ